一戸建て』のお役達情報!

2015/04/16/23:26
一戸建て
カテゴリ:一戸建て
三行要約
・首都圏で1000万円前後の物件の大半は築30年超だが、驚くほど築年数の低い掘り出し物もある
・その例として所有者が住宅ローンの返済を長期間滞納したため、近く競売にかけられる予定の物件
・2000万円台のパワービルダーの新築物件が次々と値下げ、投げ売り状態で1000万円台になることも

ソース:ビジネスジャーナル
LINK首都圏で1千万円以下の戸建住宅が続出、新築も投げ売りで1千万円台の価格破壊


要するに競売予定物件や、供給過多で作りすぎた新築を根気よく探せば、夢のマイホームも安く手に入るというお話です
↓は最近まとめた住宅価格崩壊の話題ですが

・LINK:【住宅】新築戸建て住宅で価格崩壊!! 首都圏で1千万円台も急増 早まった購入判断に注意
要約パワービルダーは共通規格の大量生産によってコストを抑え従来の大手に比べると2~4割は安い。

・LINK:【住宅】マンション相場崩壊!100万円台でマンションが買える時代が到来!!
要約:中古マンションの価格下落が止まらず、都市郊外では100万円台で買えるようになったという話題


物件を転がして利益を産む事は素人には結構難しいと思いますが、住む為の家をコスパ重視で選ぶのは根気さえあれば、掘り出し物に巡り合うのも可能な気がしてきますね

管理人 AA(アスキーアート)
ネットの意見をまとめてみると

『素人は競売とか、気軽に手を出すものじゃない。大ケガで済めばいいが、人生棒に振ることもある』

『その内、中国人が沢山買っくれるよ』

『オークションとかでも、きりのいい数字にちょっと足しとくのは普通』

『一方で、山手線内や湾岸タワーマンションはバブル状態』

『30年の耐久性しかない家を、30年ローン組むとかアホみたい』

『バブル期に建てられたリゾートマンションは100万円で買えるものもある。管理費と修繕積立費で1ヶ月2~3万円かかるけど』

『SUUMOとか見てると値下げしない割高物件は、数年前からいまだに売れ残ってる』

『2030年には空き家率25%という恐ろしい時代になる』

『今起きているのは残念ながら不動産バブルではなく金融バブル』

『安すぎる物件は、周辺住民の民度が低かったりする…』

『まあ、中国の住宅バブルの破綻はこんなもんじゃないけどな』

『マイホームは家は新築じゃないと嫌』

『不動産余りなのは焼かるけど、なぜ新築を建て続けるのかが分からない』

『他の先進国の平均と比べても、日本の住宅はひどいよな』

・・・などなど、全体的に「家が安くなるのは当たり前」という意見が主流のようです
カテゴリ『一戸建て』の最新記事
  • ・【住宅】首都圏の新築も投げ売り状態で、1千万円台と価格崩壊!
ぺろ速VIP(^ω^)の最新記事(10)
月間人気ページ
サイト内検索
スポンサードリンク
最新記事
アーカイブス
↑PAGE TOP